カレンダー

« 2012年11月123456789101112131415161718192021222324252627282930

アラスカ紀行・7~終わりに~

オーロラ・2

















マイナス30度以下の世界。
ある程度は覚悟していったが、まさかこれほどまでにすごいとは。。。
アラスカ旅行を終えての率直な感想です。

現実にそこでは、人々や動物が生活しているワケで、
それが日常なワケで、
ホントにアンビリバボーなのです。

帰る日、外に出たら半袖でジョギングしている現地民がいました。
確かに今日はあったかいなぁ・・・なんて思って温度計を見たら、
マイナス20度。。。
6日間のアラスカ生活で、自分の体の温度機能もおかしくなってきていました。
ホントにアンビリバボーなのです。

普段、日本で生活していて、「極」なんて言葉はそうそう使うことはないけど、
極寒の地で、極上のオーロラ、極楽な露天風呂と、まさに「極」という言葉がふさわしい「究極」の旅でした。

寒さに負けたものが死滅していくという過酷な世界。
そんな中で、共生していく自然界と動物界。
ここに「命」のある喜びを強く感じさせられた、素晴らしい旅でした。

コメント(1)

>まさかこれほどまでにすごいとは
 凄い写真ですね。
 そのまま、写真誌に発表できそうですね

コメントする

このブログ記事について

このページは、コーイチローが2006年6月23日 23:07に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「アラスカ紀行・6~マッキンリー編~」です。

次のブログ記事は「日本完敗!!」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

Powered by Movable Type 4.01