カレンダー

« 2012年11月123456789101112131415161718192021222324252627282930

アラスカ紀行・3~オーロラ編・後~

オーロラ・1
















山小屋にてオーロラ観測を始めて、しばらくして、
空にうっすらと煙なようなものが動いているのを発見!
あれっ!もしや!?

「出た~~~!!!」

あわてて外へ。
オーロラショーの始まりです。

煙のように見えたそれは、少しずつ拡大していき、やがて自分の視界を埋め尽くすほどの大きさに成長。
カーテンって表現を聞いていたけど、そんな柔らかな様子ではなく、大空ででっかい炎がメラメラと燃えているっていう感じ。
想像以上の、あまりの大きな迫力とメラメラのスピードに、ちょっと「恐怖」すら感じて、身構えてしまう。

その明かりは、それまで暗黒だったあたり一面を、明るく照らした。
形と共に、色も緑白色⇒紫⇒ピンク⇒赤と変化していく。
そして、何事も無かったかのように消失。


想像以上の大物ゲットに、しばし呆然。。。
我に返り、寒さを思い出す。
まつげなんてパリパリ。
ポケットの中では、さっき開けたばかりの使い捨てカイロが凍っているありさま。

原さん曰く「今まで見た中で一番かも・・・」っていうほどのすさまじいオーロラダンス!
そんな大物を初日に見れて、まさに感無量!

そのあとも、たっぷりとオーロラを堪能し、祝杯を上げ、就寝。

コメント(8)

841 :

すごい…
寒いの大嫌いですが、オーロラはいつか見てみたい
確かにこれほどの光景が目の前で現実になったら恐怖ですよね

なんか、合成写真みたいだね
凄すぎるよ~!!

>841さん
そうなんです。神秘的とか幻想的って感じよりも、その迫力には、威圧感すらおぼえました。

>FRP屋さん
この緑色から、赤色に変わっていくのです。まさに「燃えている」って感じでした。

運が良すぎです!
しかも初日に大物なんて!
でも初日っていうことは4日間オーロラハントする予定だったのですか?
この日に見れなかったら諦めなきゃいけなかったのでしょうか?

>しろくまさん
そうですよ~。結局、4日トライしたんです。ラッキーなことに天気がずっとよく、毎晩見れました
初日のが一番大物でしたよ~。

加藤です
 すばらしいですね
 オーロラ、雪の中のロッジ。
 素敵です。

 加藤もリタイアしたら、こんな
 体験をしてみたいです。

以上

>加藤忠宏様
いつか、先生のオーロラの撮影を期待しております。

カメラと先生自身が凍ってしまわないようにご注意を!

コメントする

このブログ記事について

このページは、コーイチローが2006年6月19日 18:30に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「アラスカ紀行・3~オーロラ編・前~」です。

次のブログ記事は「アラスカ紀行・4~ホテル編~」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

Powered by Movable Type 4.01