カレンダー

2006年6月18日アーカイブ

原さん













時差ボケもなんのその、夜10時ごろからいざオーロラハンティング!

ガラス張りの山小屋にて、「地球の歩き方」のアラスカ編を監修している、原さんと共にひたすら出現を待つ。

原さんに

「4日トライして1回も見れずに帰る人もいるから」

と釘をさされる。

オーロラとは、太陽から出るプラズマ波「太陽風」が大気層にぶつかった時に起こる発光現象のこと。
太陽の黒点の爆発と、地球の自転の関係で、27日周期で大規模なオーロラを見ることできるのです。
時期になれば、オーロラ自体は毎日出現しているものだが、天気によって見えるか見えないかが決まる、とのこと。

ラッキーなことに、その日は大敵の雲もまったくなく、絶好の観測日和。

一つのオーロラは出始めて15分ぐらいで燃え尽きて消えるので、空に兆候が現れたら外にでて全貌を拝むのです。
外に居続けてたら、マジで死んでしまいます。

果たして、オーロラゲットできるのか!?

このアーカイブについて

このページには、2006年6月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2006年6月17日です。

次のアーカイブは2006年6月19日です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

Powered by Movable Type 4.01